募集について

『てくてく代表交替のお知らせ』

これまで保育担当やのんさんとともにてくてくの運営に携わってきましたが、やのんさんの妊娠をうけて、やのんさんの元活動してきたてくてくに一区切りつけることとなりました。
無事に出産をおえるまでは御報告をひかえておりましたが、やのんさんも男の子を出産、今はすっかりママとして子育てにいそしんでおります。

私は娘:次女が小学一年にあがったこと、あわせて長女が四年生となり本格的に勉強に取り組む学年にあがったこともうけて、自分のこどもたちを今しっかり見る時期であると感じ代表をおりましたが、てくてくがこれまで培ってきた想いをつなげていきたいと、現てくてくのママたちが手をあげてくださり、少しカタチをかえててくてくの活動は続いていくこととなりました。

てくてくを立ち上げて私も運営に関わらせていただきはじめた当時、自主保育の活動、外遊び野遊びはまだまだ活動している団体は少なく、このよさを多くの親子に伝えて共有していくことで、少しでも子育て環境がよくなってくれたらと願い、祈り、活動を続けてきました。私自身もてくてくの活動を通して親子でたくさんの素敵な時間をすごすことができ、またこどもたちもはだしで、どろんこになってあそぶ開放感、雨の日でもひるむことなく遊べる強さ、喜びを知ることができました。
本当にてくてくに関わらせていただいたおかげで、豊かな時をたくさんたくさん積み重ねることができましたこと、これまでてくてくに関わってくださったみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

今後のてくてくの活動に関してご興味のある方は、新代表:添田さんに直接のお問い合わせメールをお願いいたします。
makipon@ns.ejnet.ne.jp

佐竹加代子

——————————————————————————-


【遊びの森 てくてく 2015年度募集について】

(up date:2014年11月13日)

現てくてく参加メンバーのほとんどが来期持ち上がりとなり、また優先枠の卒業生の兄弟枠参加での応募をあせて、来期のてくてくは定員に達しましたため、来期の募集は行わないこととなりました。

関心を寄せて、募集を待ってくださっていた方々はご期待に沿えず本当にすいません・・・。

これに懲りずてくてくを温かく見守っていただけたら幸いです。

——————————————————————————-

【遊びの森 てくてく 2014年度募集について】

(up date:2014年3月9日)

3月9日2次募集の抽選を行い、来期参加者が確定いたしました。

今回抽選にもれてしまった方、お問い合わせいただいたのに、募集締め切りだった方、
残念な思いをさせてしまったこともあったと想いますがお許しください。

みらいそのものであるこどもたちと、見守る大人たち、たくさんの笑顔が見れるように引き続き活動していきますので、これに懲りずてくてくを応援していただけましたらうれしく想います。

——————————————————————————–

(up date:2014年1月29日)

1月28日通常のてくてく活動の後、12:30から来期てくてく参加希望者に向けての入会説明会を行いました。2月15日に1次〆切の参加者が確定となり、定員に満たない場合2次募集をさせていただく予定でおりましたが、現時点で数名程度2次募集があれば参加希望と仮予約をすでにいただき、これ以上募集をかけても対応が難しいため、現在いただた方で2次募集のキャンセル待ちをいったん締め切らせていただきます。ご検討してくだっていた方には、残念な想いをさせてしまい申し訳ありませんが、どうぞご理解いただけますようお願いいたします。

——————————————————————————–

(up date:2014年1月12日)
2014年度てくてく参加者募集に関してのお知らせです。
現てくてく参加者の持ちあがり、知人・友人、サイトの告知をみて以前体験参加された方々から、早々に参加予約申しこみをいただきサイトから公募をかける前に、今期の募集定員13名の1次募集が定員に達しました。

今後の流れとしましては、1月28日(火)てくてくの活動の後、来期参加希望者に向けての入会説明会を行い、2月15日までに1次〆切の方から参加者確定。その時点で、13名に達していない場合は、2次募集を行います。

2次募集の方に向けての体験+説明会は、2月25日(火)10:00~てくてくに体験参加していただき、13:30~説明会を行いまい申込み書類をお渡しします。2次募集の書類提出〆切は3月10日。その後抽選を行い、参加者確定いたします。

2次募集に関するお問い合わせについては、佐竹までお願いします。
kay@satake7.com(佐竹)※メールによる行き違い防止のため、タイトルに必ず【てくてく】と入れてくださいますようお願いいたします。

——————————————————————————–

【遊びの森 てくてく 2013年度募集について】

(up date:2013年2月15日)
2013年度てくてく参加者募集に関して、現てくてく参加者の持ちあがり、知人・友人、サイトの告知をみて体験参加された方々から、早々に参加予約申しこみをいただき、2013年2月26日(火)の来期参加者へ向けての説明会をまたずしで、定員がいっぱいとなりました。以降、お申し出いただく方については、キャンセル待ちでの予約受付となりますので、あらかじめご了承ください。 尚、体験参加は随時募集中です(※1回まで)。

——————————————————————————–

(up date:2012年12月8日)
2013年てくてくは定員15名で引き続き行う予定としています。

まだ確定ではありませんが、今期卒業生も多く、募集は7名~9名程度になるかと思われます。
年内に確定した募集要項を作成、年開けに募集をかける予定としておりますので、検討されている方は、サイトをチェックしていただければ幸いです。

次年度は、さらなるプログラムの充実、見守りスタッフの固定化をはかり、より安全面+遊びの面を高めてゆきたいと考えています。

※来期、てくてくへの参加を検討されている方は、てくてくへの体験参加をおススメします。
12月11日(火)、12月25日(火)に、通常通りてくてくを行う予定としておりますので、体験をされる方は、事前にメール(kay@satake7.com)をお願いします。
体験参加は一回まで、500円となっております。

——————————————————————————–

「遊びの森 てくてく」2012年度募集について

2011年は、春・夏・秋・冬の4期制で活動をしてきましたが、参加するママたちの声で一年を通して「てくてく」に参加したいという声を多数いただき、2012年度より募集要項を変更し、今年度は通年コースで募集を募ることになりました。

2011年参加組から持ち上がりの方も多く、見守りボランティアスタッフを増やしたことで、今年度は15名定員での募集となりましたが、一般公募の前に、秋谷っこ、てくてく参加者のご友人やこれまで体験で参加してくださった方優先で先行募集をかけたところ、早々に定員に達したため、今期の募集は締め切らせていただきます。

期の途中で、キャンセルや退会による募集が行われることもありますので、ご興味のある方は、キャンセル待ちとして登録していただければ、優先的にご連絡差し上げます。キャンセル待ちをご希望のかたは、一度体験参加の形で、てくてくに参加していただいて、キャンセル待ちをしたい旨を、直接保育担当やのんこと:上杉にお伝えください。

その他、てくてく以外でOPENなイベントなどのお知らせを、時々てくてくメルマガで行っています。
ご興味のある方は、てくてくメルマガ登録をおすすめします。
登録はTOPページからQRコードを読み込むか、QRコード下部に書かれているアドレスに空メールを送っていただけると登録されます。

■2012年度 体系
前年度は4~6月(春コース)・7~9月(夏コース)・10~12月(秋コース)・1月~3月(冬コース)の
4期に分けたが、今年度は通年制にする

【通年のねらい】1年間を通じて、大人みんなで子どもたちの成長を見守っていく。
子ども・大人同士のつながりを深める。
固定メンバーで過ごす事によって、安心して遊べる環境ができ、子ども達がより自分らしく遊びを広げていく事ができる

【定員】15名:前年度参加者優先(後先着順)

【対象年齢】満2・3・4歳児
※1歳児参加は要相談

【参加体系】親子参加
※母の病気や出産などの理由によっては子どもだけの参加も応じる

【参加費】通年12000円(1回500円×24回)
※団体保険加入金含む
2012年度てくてく第1回(4月10日(火))に千田にお支払い下さい

【申込み方法】『入会申込書』記入の上、郵送・手渡しにて提出
住所:240-0104 横須賀市芦名2-26-16:千田奈々子
電話:080-5405-2252(千田)←不明な点がありましたらご連絡ください

※2012年通年コース参加者募集は定員に達しました。

【体験】300円(1回限り・1家族) 年齢制限なし・妊婦さん可(無料)
→前日までにやのん・千田にメールにて連絡
yanon_ayano@yahoo.co.jp(やのん)
sennana-1217kinowaon@ezweb.ne.jp(千田)

【兄弟参加】1人100円(保険代)、二人目からは50円

【連絡窓口】千田奈々子

■スタッフ
代表・保育補佐:上杉文乃
保育補佐・連絡事務:千田奈々子
広報(HP)会計:佐竹加代子
ボランティア:宇田川絵美・榎本裕

■保育内容
1日の流れ はじまりの歌~出席確認~(製作)~自由遊び~昼食~手遊び・絵本・保育~帰りの歌

■活動場所
晴れの日…前田川入口集合
雨の日…(朝8時に降っていたらメール連絡で流し) shoku-yabo農園集合
活動場所変更…秋谷海岸・shoku-yabo・長坂はらっぱetc→活動場所は前日までにメールで知らせる

■日時
月2回火曜日(第2・第4)10:00~13:30予定

■駐車場

立石駐車場(前田川から徒歩15分)
ハッピー(1台500円…千田に預ける)
shoku-yabo農園・海・長坂はらっぱは無料

■持ち物 子ども・リュック→弁当・水筒・着替え・袋・雨合羽(天気によって)

【ねらい】自分のものを自分で管理することで自立心を養い、より主体的に遊べるようになってほしい
大人→季節によっては水着 長靴 サンダル

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「遊びの森 てくてく」2011年度募集について
・・・2011年夏コース募集についてですが、春コースのメンバーを優先して募集しましたところ、引き続き参加を申し込み頂き、定員を上回りましたので、夏コースの募集は致しません。
しかし、夏コースの希望や、小学生や幼稚園組も参加したいという声も上がっていましたので、会員以外の方も自由に参加できる臨時てくてくを開催したいと考えています。日程・時間等は追ってお知らせします。
てくてくメルマガに登録してくださっている方にはメルマガにてお知らせします。
登録はTOPページからQRコードを読み込むか、QRコード下部に書かれているアドレスに空メールを送っていただけると登録されます。

・・・2011年春コース募集についてですが、定員を上回る募集をいただきましたので、期日前ですが〆切とさせていただきます。
夏コース以降をご検討の方は、春コースがスタートしてから、通年希望の方を優先したのち募集をかけますので、今しばらくお待ちください。
尚、夏コース以降の募集についてのお知らせは、てくてくメルマガに登録してくださっている方優先でお知らせする予定としております。
募集を検討されている方は、メルマガ登録されることをお勧めします。登録はTOPページからQRコードを読み込むか、QRコード下部に書かれているアドレスに空メールを送っていただけると登録されます。

■2011年度体系
2011 年4月からてくてくの体制が下記のように変わります。

4~6月(春コース)・7~9月(夏コース)・10~12月(秋コース)・1月~3月(冬コース)の4期に分け、会員登録制になります。
【会員制のねらい】
・大人みんなで子どもたちの成長を見守っていく。
・子ども・大人同士のつながりを深める。
・安心できる環境のほうがより子どもの自主性、遊びが広がっていく。

【定員】   10名
【対象年齢】 満2・3・4歳(兄弟参加OK・上の子一回100円)
【参加費】  1期・1回500円×6回=3000円(内訳は別紙)
【申込方法】 説明会、HP、またはてくてくにて配布される申込用紙を提出する
※通年希望の方はその旨も伝えてください。
【提出方法】 『入会申込書』記入の上、FAX・メール・手渡しにてお申込みください。
( 申し込み用紙 ⇒ 2011年度遊びの森てくてく第一期申し込み用紙.pdf
【申込締切】 3月15日(火) その後随時受け付け
【体験】   300円(1回限り)
→前日までに千田までメール・HPにて連絡

■保育内容
1日の流れ はじまりの歌~出席確認~自由遊び~昼食~手遊び・絵本・保育~帰りの歌
■活動場所
晴れの日…前田川入口集合
雨の日 …shoku-yabo農園集合
■日時
10:00~13:30 月2回火曜日
■持ち物
子ども・リュック→弁当・水筒・着替え・袋・雨合羽(天気によって)
(ねらい)自分のものを自分で管理することで自立心を養い、より主体的に遊べるようになってほしい
大人→季節によっては水着 長靴 サンダル
■スタッフ
保育担当:上杉 文乃(通称 やのん)
保育補助:千田 奈々子
■駐車場
立石駐車場(前田川から徒歩15分)
ハッピー(てくてくで使用するとお店の方に伝えると500円)

—————————————————————————————————

■活動趣旨
横須賀の大楠山、前田川、相模湾といった恵まれた自然環境そのものを保育の場として活用し、五感と心身を思い切り働かせながら仲間と一緒に集団でのびのびと遊ぶ体験を子どもたちにさせたいと考えています。
またお母さん達自身も子どもたちを見守りながらゆるゆる育っていきたいという趣旨のもと、活動しています。

■野外で遊ぶ体験の中で大切にしていきたい事
季節や太陽や雨や風を感じることや、土や砂や川や海や植物や生き物に触れることなど、心身と五感を思い切り働かせる体験をしていくこと。
集団での遊びを通じて子ども同士が互いに支えあい、自然のなかで力強く育つよう見守ること。
子どもの、ひとりひとりの成長のペースを見守り、子ども自身が自分で伸びようとする力を大切にすること。
また、親同士での交流も深め、子育ての豊かな時期を共有していきます。

↑UP