• 2015.06.19

やのん✩ご挨拶

遊びの森てくてく保育担当やのんです。

このたび、お腹に赤ちゃんがやってきました!
11月の始めに出産予定です♪
てくてくのかわいい子どもたちと過ごしてきたので、
我が子の出産が今からとっても楽しみです!

それに伴い、てくてくの保育担当を外れることになりました。
とはいえ、てくてくは継続します!
お母さんたちが主体になって、運営を続けてくれます。
今年度は、定員制で新規の募集は行っていませんが、
毎月第2第4火曜日は、変わらず秋谷近辺で活動しているので、
応援よろしくお願いします。

✩てくてくを応援してくださっている皆さまへ✩

なかなか皆さんにお会いする機会が持てないので、
この場をお借りしてご挨拶をさせていただきます。

秋谷っこというお母さんたちが始めた親子の集まりから 、
「この活動を続けたい!」という想いを持ったお母さんたちと始めた遊びの森てくてく。

始めは3組、4組と少ない人数から始まったてくてくですが、
今や、外遊びの機会、親子の関わりを大切に考えてくださっている親子が増えて賑やかになりました。

活動場所は?体系は?と試行錯誤しながら話し合うところから始まり、
皆さんの意見を取り入れながら、 子どもが自由にのびのびとやってみたい遊びができるように、
お母さんたちが安心して子育てできる環境ができるように…と、参加者みんなで創りあげてきたてくてく。

創りあげていく過程で沢山の素敵な出会いがあり、
本当にこの場に関わる事ができて、幸せだなぁと感じます。

正直いうと、体力には自信があったので、
臨月までてくてくで子ども達・お母さんたちと過ごす気満々でした!

でも、妊婦さんってとにかく眠いんですね!
まるで睡眠薬を飲んだかのように、睡魔に襲われます!
てくてくに妊婦さんで参加していたみなさん…本当にすごい…。

だんだん体も心もお母さんになってきていて、「眠気」という、赤ちゃんからの「お母さん~休んでね~」というサインを受け止めたいと思うようになりました。

充実したてくてくの時間だったので、保育担当を外れることに、いっぱいいっぱい悩みました。
それでも、みんなも楽しみにしてくれているお腹の赤ちゃんを守りたいという気持ちを大切にすることにしました。

通うまでの距離が遠いこともあり、、赤ちゃんとの時間を大切に過ごすことに決めました。

「遊びの森てくてく」。
今まで参加してくれた、お母さんたちにとって、乳幼児期を安心して子育てできる場になって、子どもと向き合う土台になっていたらいいな。
今までてくてくで遊んだ子どもたちにとって、自然の中で仲間とのびのび遊ぶ中で、自分らしく遊びを見つけていく力が、将来の幸せをつかむ「こころのねっこ」につながっていくといいな。

目には見えなくても、子どもたちの人生、お母さんたちの子育てにとって、
てくてくが幸せのエッセンスになってくれていたら嬉しいです。

みなさん、本当にお世話になりました!
とはいえ、このつながりは一生ものだと思っています。
また体調がよかったり、生まれて落ち着いたらてくてくに遊びにいきますね!

今まで関わってきた子どもたちに我が子を見てもらうのも、
私の夢のひとつなので、よろしくお願いしますね♪

今まで関わったみなさん。
またお会いできるのを楽しみにしています。

やのんより

↑UP